げんちゃがお金について考えてみた

お金に関すること、日々考えたことを書きます

転職活動について

最近しばらく転職活動をしていた。


転職時期は少し先なので、まだ活動は続くのだけれども、いろいろと紹介やスカウトを受ける中で、考えたことを書いてみる。



今回の転職にあたって、エージェントサービスを利用した。

年収交渉と、転職の情報やノウハウ、企業への事前の情報共有などを考えると、転職者側のメリットは非常に大きい。
また、エージェントサービスはコストがそれなりにかかるので、人に対してお金をかける意識のある会社を選別する意味でも良いと思った。

それに、対価を払って手に入れたものには、人はそれなりの価値を持って扱う。
期待されている方が、その後のモチベーションに繋がると思う。




自分の仕事の特性上、どういう業種で働くかというのはあまり問題ではない。
なので、会社をどういう風に絞るかというのは結構難しいところだった。


今までの仕事の延長線上にはコンサルティングファームとかも候補に上がっていたけど、そもそも仕事のために長時間頑張りたくないのがはっきりしたので、今回は見送った。


ワークライフバランスという言葉が一人歩きしているけど、それってつまり仕事と同じレベルでその人のプライベートを尊重するということだ。

根本的な考え方、生き方のところなので、文化として企業に浸透しているところじゃないと、付け焼き刃でどうこうできる問題ではないと思う。

なので、今回は残業を少なくして帰ることについての理解が高い会社のみを選んで応募している。

見ている中での印象ではIT系の企業や、女性比率が高い会社なんかは考え方が進んでいる可能性が高いと感じた。




人生を充実させるには、時間当たりの密度を上げて行くことが大切で、それには時間単価の上昇が必要だ。

時間単価の上昇がベースにあった上で、お金がいっぱい欲しい人はたくさん働けばいいし、そうじゃない人は定時できちんと帰って、それで生活が成り立っていくというのを社会として確立していく必要がある。

仕事以外の活動が今の基準ではお金に換算できないとしても、人が活動すればそれは国としての繁栄につながっていく。



一般的な感覚と違うかもしれないけど、人生であと何回転職するかというのを考えると、どれくらいのスパンでどういうスタンスで働くべきかというのが問題になる。

あまり働きたくないでござるという気持ちは強く持ちつつ、効率よく良いお給料をもらうには、自分のスキルをその時一番必要としているところで働くのが一番だ。
そしてそれが労働市況が良い時であれば、更に効率は上がる。

転職情報をいろいろ見ていると、それぞれの年代で求められるスキルや経験というのが分かってきたので、それをベースにどういうスキルが身につけられそうかという点を主眼に選別していきたいと思う。


やはりIPOとか、上場企業の連結決算業務なんかは重宝される経験で、早めにやっておきたい気持ちはある。

資格をとるのは分かりやすいんだけど、それが有効なのは若いうちで、あとは経験がものを言う。



ただ、転職しすぎもあまり心象は良くないし、企業としてはせめて採用にかかるコスト分を償却してから出て行って欲しいと思っているだろう。


長期で働ける制度や賃金体系をきちんと整えているところであれば、ずっといるのも問題ないだろうけど、その職場でしか使えないようなスキルしか身につかないのであれば、長居は無用のリスクである。


そんなことを考えながら、面接の準備を進めているのであった。


げんちゃ1450字 60分

カングーという車について

僕はあんまり車に興味がなくて、乗れればいいかなという感じで車を使ってきたんだけど、最近カングーという車に非常に興味をそそられている。



カングーは、ルノーの商用車から派生した車で、非常に広い室内空間と、ユーモラスなデザインが特徴だ。

車が趣味でもないし、車にお金をかけるなら旅行にバンバン行きたいので、高くてカッコいい車よりも、そこそこの値段で楽しい車という視点で探してみることにした。

そうしてたどり着いたのが、カングーだった。





最近知った時はフランス車ね、ふーんって感じで見ていたんだけど、フォロワーさんでカングーはいいぞと暗に主張している人に少しずつ洗脳され、いつのまにかカングーという車に夢中になってしまったようだ。



なぜだかこの車はワクワクする。
カラーバリエーションの豊富さとか、拡張性の広さとか、他にはない魅力があると思う。

元々商用車なので、カスタマイズ生産の最低ロットが少なく、そのおかげで毎年のように限定車が出ている。
だいたい40〜60台限定というのが多い。

カングーというオモチャで、メーカーも乗る人も、みんなが遊んでいるという感じが良い。



フランス車はとにかく故障が多いというイメージだったけど、日産を傘下に収めたことで以前よりも技術的に安定しているようだ。
ただ、当たり外れはまだあるみたい。


MTもいいけど、奥さんが乗れないのでATかなーと思っていたら、最近はEDCという進化型のATみたいなものを搭載したモデルが出ていて、それによって操作性がかなり改善されているとのこと。
擬似クリープ現象もあるみたいなので、渋滞の時も心配はいらないようだ。

昔のデザインもかわいいけど、車に求める安全性能のレベルも考えると最新モデル以外は考えにくいかな。


ハイオクで、燃費はセレナみたいな大きめの車とあんまり変わらないくらいなので、毎日通勤に使うと燃料代がバカにならないだろうけど、電車通勤で休みの日だけ乗るようならあまり気にならなそう。



2列目が均等に3席あるので、チャイルドシートを2つつけてもまだ1席ちゃんと座れるっていうのもいい。

バックドアが観音開きなのもかなり点数高い。



あと、カングージャンボリーというルノー公式のイベントが毎年5月にやっていて、それもなんだか楽しそうだ。


奥さんにも相談したらかなり乗り気なので、今乗っている車の引退時期が来たらカングーに乗り換えんじゃないかな。


3Mのラッピングフィルムでフロントの部分だけちょっと色を変えたりとかもできるんだね。

みんなちょっとしたところで個性を出してきていて、ブログでアイデアを探すのも面白い。

買うまでにもいろいろと楽しめそう。

げんちゃ
30分1100字

幸せについて考えてみた

折に触れて幸せについて考えているのだけど、現時点での結論としては、幸せとは主観であるという事だ。

つまり、自分の認識そのものが幸せを左右するということだ。
持っているものではなく。




今の時代、インスタ映えにフェイスブック、良いところだけが切り取られた非日常と自分の日常を比べてしまう。
隣の芝が青く見えてくる。

大事なのは隣の芝が青いという事実と、自分の芝の状態がどう見えるかというのは、全く別のことだと認識することだ。

隣の芝の色と自分の芝の状態を比較して考えることを止めなければ、他人の動向に自分の幸せを左右されることになる。



暇だといろいろ周りを見てしまうので、何か常に没頭できるものがあった方がいい。
同じものにずっと夢中であるのはなかなか難しいから、常に新しいことに挑戦するというのが、そのひとつの解だ。
何かに夢中であれば、他人が何をしているかは関心の外側になる。





また、主観的という言葉は人生のコントロール感と言い換えることもできると思う。

自分の将来を自分の選択で決めているという意識は、積極性とかポジティブ思考から生まれる。

ポジティブっていうと、なんでもこじつけて前向きに進むみたいなのを思い浮かべる人もいるけど、それはちょっと違って、実際は過去の結果から切り離して現状を捉えて、どう進むのが良いかを考える思考法だと思っている。



ポジティブな思考は、生まれつきのところももちろんあるけど、大部分は習慣によって身につくものだ。

大きな習慣を変えるのは難しいけれど、ちょっとしたことからであれば簡単に変えられる。

例えばため息をつくのをやめて、代わりに「よーし」と言ってみるとか。(自分は実際これをやってみて、バカみたいだけど少しずつポジティブに変化していくのが分かった)


また、心理学の認知について書いてある本を読むのもおすすめ。

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (418件) を見る
この本は題名の通り、自分の認識を変えることで自分という存在を再認識するための方法が書かれている。
いわゆるパラダイムシフトを自分で起こすということだ。
10年以上前の本だけど、読みやすいし価値は薄れてないんじゃないかな。



自分をやみくもに肯定するでもなく、ただ自分自身の感情に素直であれたら、きっとそこから幸せの第一歩が踏み出せると思う。


げんちゃ
1000字 30分

iPhone8への機種変更とmineoのお得な加入方法 最新版

10月になったので、iPhone8をmineoのsimへの変更と、mineo の加入で今一番お得な加入方法をまとめてみた。

  1. simの切り替え手順
  2. 紹介URLから加入
  3. simフリー完全ガイドを買う



simの切り替え手順

用意するものは、

  • データ移行済みのiPhone8
  • mineoのsim
  • 契約書
  • PCやほかの端末でインターネットにつながるもの

iPhone8へのデータ移行は、前の記事iPhone8へ機種変更における注意点 - げんちゃがお金について考えてみたを見てもらえると、ポイントが簡単に書いてある。

新しいiPhoneにmineoのsimを入れる。
この時、移行前のiPhoneと新しいiPhoneは両方とも電源を切っておく。


そして、PCなどの別の端末mineoのマイページの一番下の方にある、登録情報の変更/サポートのところを選ぶ。
https://my.mineo.jp/

そうすると、一番上にmnp転入切り替えというのが、ある。
ここでsimカードに書いてある番号の下4桁を入力すると、以前の回線の解約と、mineoの回線の開始の手続きが同時に行われる。

あとは30分ほど待てば、最初に登録した連絡先のメールアドレスに開通通知が届く。

最初は電話回線が接続されて、最大半日ほどするとデータ回線も切り替わる。
僕の場合、朝9時に切り替えの申請をして、9:20に電話回線の切り替え通知が来た。


その後、iPhoneの場合はプロファイルのインストールを行う。
http://mineo.jp/sph/r/d/apn/
ここにアクセスすると、プロファイルのインストール画面になるので、そのままインストールすれば良い。

切り替えはかなりスムーズにできて、特にひっかかることはなかった。
データ回線の切り替わりも1時間もかからずで、特に不便はなかった。



紹介URLから加入

紹介されて加入すると、3ヶ月利用後にAmazonギフト券が2000円もらえる。
通常は1000円みたいだけど、今はキャンペーンで2倍になってる。

近くにmineoを使ってる人がいない人はこちらのリンクからどうぞ。
倍増!紹介キャンペーン|mineo(マイネオ)
特に個人情報が共有されることもないのでご安心を。




simフリー完全ガイド

という本が、昨年の10月に出ていて、それの付録のコードを使うと、3ヶ月間2GBがプラスされて、事務手数料3240円も0円になる。

更に他のキャンペーンと併用ができるので、今やってる大盤振る舞い12ヶ月900円引きのキャンペーンと併用すると、だいぶお得感があるね。

契約書には、こんな感じでどのキャンペーンが適用されたかが、記載されてくる。




ちなみに、この本は次のバージョンが10/27発売予定で予約開始してるので、こっちを買ってもいいかも。

楽天ブックス: SIMフリー完全ガイド - 9784801808188 : 本



ただし、前述のAmazonギフト券のキャンペーンは以前の1000円に戻ってしまうかもしれない。

今のところ、どちらのキャンペーンも11/9までの予定なので、申し込みがギリギリになる可能性が高いので、間に合うか心配な人は、オークションとかメルカリとかで出品してる人から買ってもいいかも。

だいたい1000円くらいで手に入るので、3ヶ月2GBプレゼントの特典だけでも元が取れる。


という訳で、 mineoに乗り換える予定の人は参考にしてもらえれば。

1650字
げんちゃ

お金の相談の仕事承ります。

家計診断、保険の相談など、お金にまつわるよろず相談の仕事を承っております。

保険の勧誘が嫌な方、匿名で相談したい方、税金周りから住宅ローンまでいろいろと相談に乗ります。



基本的に匿名でメッセージ、メールなどでやり取りを行います。
事前に大まかな内容をお伝えいただき、細かい内容はskypeとか、近ければ実際会ってお話しでも大丈夫です。

仕事とプライベートの合間で行っているため、Skypeなど対面の相談は、月に2件まで限定とさせていただいています。

お値段は基本的な相談で8000円(1時間目安。多少オーバーしても変わらず)、
簡単な相談であれば、3000円(30分目安)です。

相談いただいた内容について後日データでまとめてお送りします。

相談時間以外での作業時間が生じる内容だと、若干値段が上がりますが、基本的にはこの値段で対応させていただきます。

また、メールだけでの相談も可能です。
その場合、基本的には1メール3000円になります。
知りたいポイントが整理され、限定されている場合であれば、こちらの方がお得かと思います。


自分の専門は、税務会計、不動産の相続税評価額算出、保険、資産運用などです。
本業では法人のコンサルティングや申告も行なっています。

結婚して4年目。子どもが1人いて、マンションを持っています。
住宅ローンの相談や、子どもが産まれてからのライフプラン設計の相談もどうぞ。


申告書作成に関わる税務相談は行いません。
相談いただいた内容については、守秘義務に則り本人の同意なしに公開することはしません。


報酬の支払いは銀行振込、コンビニ払い、暗号通貨での支払い(ビットコイン,xrp,xem)など、なんでもご相談ください。記録の残るものであれば対応します。


他にも、こういうことは相談できますか?と聞いていただければ、基本的に自分の知識の範囲で対応できる内容であればお受けします。


よろしくお願いします。

げんちゃ

タイムバンクをやってみて感じたこと

タイムバンクとは、メタップスという会社が最近始めた、専門家の時間の取引所だ。

タップスの社長は、先見の明があるともっぱらの評判で、こんな本も出している。

僕も読んだけど、先を読む方法論を分かりやすく書いてあって良い本だった。
考え方が近いので、未来を考える上で参考にできたらと思っている。



そんな佐藤社長直々のプロジェクトとして動き出したタイムバンクだけど、来たるべきトークンエコノミーの走りであり、かなりぶっ飛んだサービスだと思う。

株式市場の機能の本質は、ファイナンスとリスクの社会への分散、広告効果にあると思うので、これを個人として利用できるようになるというのは、非常に大きい。


これが世の中に受け入れられるか、早すぎたサービスになるかどうかは、これから決まる事だけど、実際に取引してみて、特徴など感じたことを書いてみる。



仕組みなど

株式市場と同じ形で、専門家がそれぞれ上場して株の代わりに時間を10秒単位で取引できる。
時間の売り出し数は、最初はかなり限定されており流動性は低い。

時間を購入したら、その専門家ごとに設定されている様々なリワードを利用することができる。
ビデオチャットで1800秒から利用可能で、面談は3600秒〜の設定が多い。

リワードとは保有時間数などの特定の条件を満たした場合に専門家から特別に受けられる報酬のようなものです。専門家ごとに内容は異なりますが、リワードを利用することで専門家と話したり、直接相談に乗ってもらうことなどができます。

リワードによって利用された時間は消滅する。
市場に出回っている時間が減れば、専門家は新たに時間を売り出すことができる。

ここが一足先に始まったVALUとの大きな違いで、VALUの残念な点をうまく克服していると思う。

ただ今は流動性が低いので、リワードを使うくらい買い集めるのは大変だと思う。

箕輪さんなんかは、ツイッターでリワードの申請が結構来ていると書いていて、そういう人は買い集めるので値段が一気に上がることが多い。
その勢いのまま、10/1にさらに直近高値を更新している。


応募倍率と価格

応募倍率と価格の上昇に関係がありそうなので、データとしてまとめてみる。


タイムバンクの今のところの応募倍率と上場からの最高値の関係はこんな感じ。



・千葉さん:3.5倍 41.7→78.5 +88.2%
・経沢さん:2.5倍 72.3→108.5 +50.0%
・箕輪さん:4.0倍 27.8→119 +328%
高値更新→210 +655%
・坪田さん:2.6倍 22.3→50 +124%
はあちゅうさん:4.4倍 55.6→183.6 +230%

・内山 麿我さん:6.1倍 22.3→49.9 +123%
・別所 隆弘さん:5.9倍 27.8→60 +116%
・岡田 優介さん:32.6倍 11.2→82.8 +639%

アイスマン福留さん:14.4倍 16.7→37.7 +125%
・高野 秀敏さん:3.3倍 41.7→
・田端 信太郎さん:17.0倍 77.8→

10/2データ追加


初期5人は、17日12:30時点での抽選倍率
内山さんから岡田さんまでは確定値
アイスマン福留さん、高野秀敏さん、田端 信太郎さんの3名は9/27 18時時点での中間報告
いずれも公式ツイッターより





スタートの5人よりも、つぎに公募になっている人達の方が倍率がかなり上がっている。


最も倍率が高い岡田優介さんは、本人がツイッターで提案された単価から半額で売り出したと書いており、売り出し単価は今までで一番安い。
おそらく値上がりを期待した人が群がっているのだと思う。
僕も岡田さんのスペックと比較して安すぎるので、有望だと思っている。



公募金額が高い人の方が、のびしろは少ない印象。
抽選倍率との相関関係は思ったよりはなさそう。


毎日どんどん新規公開があって、今まで知らなかった分野の専門家がどんどん出てきて面白い。

全員同額を申請して、原資回収したら放置のスタイルで保持銘柄数を増やしていこうと思う。

田端さんは知名度があって、公募価格と倍率は高め。本人が煽ってきそうなのでどういう値動きをするか楽しみにしている。


また新規公開が進めば追記していきたい。

げんちゃ
1700字 45分

消費税増税の影響と幼児教育の無償化でどれだけ負担が軽減するか計算してみた

安倍総理が、消費税増税は幼児教育の無償化に使いますというようなアナウンスを出したようだ。


消費税の財源は財政赤字の削減が目的であり、使途の特定というのは目くらましではあるんだけど、

という点もあるので、



と思った。

身近な数字に置き換えることで、消費税の実態がより感じられると思う。







平均的な子育て世帯でシミュレーションしてみる

こちらの統計を参考にすると、
平成28年 国民生活基礎調査の概況
調査の概要|厚生労働省

18歳未満の児童がいる世代の平均所得が707万となっている。
これよりも3-5歳の子どもを持つ年代の平均所得は下がるので、共働きでざっくり600万くらいだと仮定しよう。


子ども1人の親子3人家族とすると、社会保険と税金を引いた可処分所得は420万くらい。
このうち、80%を消費に回すと考える。



アパートなどの家賃、自動車税などの税金、保険料は非課税のため、420×20%(家賃の目安)+5万+5万=94万は消費税増税の影響はない。


そうすると、差し引き420×0.8-94=242万円が消費税の対象となる。




これに含まれる消費税は、

8%時→242×8/108=17.926万円
10%時→242×10/110=22万円


したがって大きい買い物をしなかった場合、増税分は、

220000-179260円=40740円

となる。


保守的に貯蓄と支出をしている家庭を想定したので、支出がこれより増えると、増税分の負担は増える。




幼児教育にかかる費用

さて、共働きで世帯年収600万円の場合の幼児教育はいくらくらいだろうか。

市町村によって大きく異なるが、国が示す保育料のイメージはこんな感じ。




実際には、安い市町村で月に25000、高いところで45000円くらい。

これが無償化されれば、年間で30万〜50万円ほど手取りが増えることになる。




結果

幼児教育の無償化分から、増税分を控除すると、25万〜45万ほど自由に使えるお金が増える結果となった。

これに加え、食料などの生活必需品に対しては軽減税率が検討されており、その場合、さらにその額は増えることとなる。(実務的にはやめて欲しいけれども)


ただし、これは幼児教育が対象のため、3年限定であり、それ以降は増税分だけが残るということは忘れてはならない。


日本は財政健全化を果たせるのか?
年金はもらえるのか?

いろいろ疑念はあるけど、前を向いて進むしかないのです。


げんちゃ
1450字60分