げんちゃがお金について考えてみた

お金に関すること、日々考えたことを書きます

保険の選び方1

最近世の中に保険を相談するところが増えてきたけど、あれってもちろんボランティアじゃないので、収益源があるわけ。


それが保険会社からの手数料なんだけど、だいたい保険料の20%とかかが多い。高いやつだと初年度100%なんていうのもある。それだけ営業に手数料として払っているから、日本は保険大国なんだよね。

アメリカは皆保険制度じゃないから、基本自前で生命保険に入るんだけど、それプラス人口を考えたら、日本の3倍くらいマーケットが大きくないとおかしいけど、実際は日本の方が20%くらい少ない程度。

つまるところ、日本人はたいがい保険に入りすぎているのだ。


自分の専門は法人の保険だけど、個人向けの保険も自分が入るに当たっていろいろ検討したので、基本的な考え方を書いてみる。


まず医療保険は基本不要だ
高額療養費制度というのがあり、月8万くらいまでしか負担はない。
それ以外の費用は貯金で賄おう。
差額ベッド代も病院都合なら請求されても払う必要はない。

ただし、先進医療特約のために最低限で加入するのは良いかもしれない。
オプションで月100円くらいの保険料だけど、万が一保険対象外の治療を受けるときのリスクをカバーできる。
確率的にはかなり低いけど、保険というのは万が一の時に人生を破綻させないためのものなので、こういう高額なリスクに対しては何らかの手当が必要だ。
それを入れても年間で2万くらいの保険料で済む。
もしくは、他の保険の特約で先進医療特約を付けられるものもあるので、それでカバーしてしまっても良い。


もし医療保険に入るのであれば、終身払いでなくて65歳までの短期前払いの契約にしよう。
その方が生命保険料控除のメリットである、節税効果を享受できる。終身払いの場合、収入がなくなってからも保険料を払い続けないと、万が一の時に保険金がもらえない。
収入がないのに保険を払い続けるのって、なんだか本末転倒な感じしません?

あとは、払い方を年払いにすると更に保険料が安くなる。5%くらい変わったりするから侮れない。
これもこちらから言わないと金額とか出してくれない場合が多いので、知ってるのと知らないのだと大きく差が出る。



死亡保険もほとんどの家庭には過剰な保証だ。

だいたい、30才で死んでも60才で死んでも同じ保険金額である必要性がまるでない。

そもそも、いきなり10000万入金してきて、はいこれで死ぬまで生活してくださいといって、計画通りに生活できる人がどれだけいるだろうか。


代わりにオススメしたいのが、収入保証保険だ。
これは例えば自分が死んだ後に、奥さんが65歳になるまで毎月10万円が支払われるというような契約になる。
年金がもらえるまでをこの保険でカバーして、それ以降は年金で生活するような形になる。
だからムダがない。

そして、途中で子どもが生まれたりして、保険の見直しをしても今までの保険料がムダになるということもなく、デメリットがほぼない。
死亡保険なんかだと、貯まりがあるので、途中解約はかなり損する形になる。


長くなったので、続きはまた気分が乗れば書くよ。


追記しておくと、金銭だけでなく、感情のカバーも大事だと思うので、論理の部分を理解した上で、なお不安があるようであれば、加入することは意義があることだと思う。


げんちゃ

家計診断や、保険の相談を匿名で受けてます。

詳しくはTwitter @pinringにDMください。